ようこそ 仁戸名聖書バプテスト教会へ!

仁戸名聖書バプテスト教会は1963年に創設されてから、50年以上にわたり地域の方々にキリストの愛をお伝えしてきました。

 もし、キリストの愛に触れ、キリストを自分の人生の主として受け入れるなら、誰でも生きがいと希望にあふれた新しい歩みを始めることができると聖書は教えています。

 

各集会にはどのような方でも自由に参加できますので、ぜひお気軽にお越しください。

 

最新ニュース

クリスマスイベント 2016

チラシ裏面のメッセージ

 

人間が本当に必要としているもの

 

 毎年この時期になると、テレビではヤマザキ製パンのクリスマスケーキのCMをよく目にします。もうご覧になら れた方もいるでしょうか。今年のCMでは、家庭での温かいクリスマス会の様子や子供達の楽しそうな笑顔が映っていました。

 

 興味深いことに、このCMでは肝心のケーキ自体のおいしさはほとんど宣伝されていませんでした。この CMが消費者に本当に訴えたいのはケーキのおいしさではなく、クリスマスを誰かと過ごすことの魅力や楽しさだからでしょう。

 

 私達、消費者がクリスマスに求めているのは、ただ単においしいケーキを食べることではなく、大切な 人と幸せなひと時を過ごすことです。そのためなら多少のお金を払ってでもケーキを買おうと自然に思うようになり ます。「ケーキがあるから楽しいクリスマスになる」のではなく、「大切な人と一緒にケーキを食べるから楽しいク リスマスになる」というわけです。

 

 いくらケーキがあっても一緒に過ごしてくれる大切な人がいなければ、心からク リスマスを楽しめることはないでしょう。私達にとって本当に必要なのはケーキではなく、一緒に過ごしてくれる大 切な人達です。自分にとって本当に必要なものが何かが分からなければ、本当の満足をえることはできません。

 

 

 このように、自分が本当に必要としているものは何か、何が自分にとって本当に必要なのか、ということを正しく見極めることはとても大切です。では、私達にとって本当に必要なものとは一体何なのでしょうか。  

 

 聖書は人間にとって本当に必要なのは「罪の赦し」であると言っています。というのも聖書によると、人間には一 度死ぬことと死後に神様の裁判を受けることが定められているからです。

「私はどちらかと言えば良い人間だから関 係ない」と思わないでください。聖書は「全ての人は罪を犯した」と言っています。聖書のいう「罪」とは他の人に 対する悪も含んでいますが、第一義的には「神様に対する反抗や無視」のことを言います。

 

 あなたもそうであるよう に、誰もがこの世界を創られた唯一の神様を拝まず、神様を無視して勝手気ままに生きています。だから聖書は「全ての人は罪を犯した」と言っているのです。そして、聖書は罪人の末路は地獄であるとも教えています。地獄は永遠の場所 であり、地獄に終わりはありません。たとえこの世界を全て手に入れるほどの成功を収めたとしても、地獄に行って しまえば何の意味もないのです。だからこそ私達は罪の問題を解決する必要があるのです。

 

 罪の問題を解決するために、神様からこの世界に遣わされたお方がイエス・キリストでした。神様はイエス様を私 達の罪の身代わりとして処罰することで、私達の罪を帳消しにしようとされました。イエス様が十字架で処刑され、3 日目に復活したのはそのためです。

 

 私達は自分でどうにかして罪を帳消しにしようと頑張る必要はありません。イエス様が私達のために罪の罰を受けてくださったからです。そして神様はイエス様を自分の救い主として信じ、受け入 れる人には誰にでも罪の赦しを与えようと決めておられます。

 

 これが聖書が教える人間にとって本当に必要なものの真相です。いくらケーキがあっても、一緒に過ごせる大切な 人がいなければ、心からの喜びを感じることがないのと同様に、罪の赦しがない限りは、いくら他の物に満ち足りて いても本当の満足や安心を得ることはありません。

 

 今のあなたが漠然とした不安や不満を感じているのは、罪の問題 が解決されていないことを知らせるシグナルなのではないでしょうか。 どうか心のシグナルを無視しないで、それと向き合ってみてください。

 

 イエス様の誕生をお祝いするこのクリスマスの 時期に、本当の必要を満たしてくださる方であるイエス様に思いをむけてみてはいかがでしょうか。 きっと素晴らしい発見があるでしょう。

 

 教会はあなたをいつでも歓迎します。

教会新聞ロゴス 11月号を刊行しました